記事

金属アレルギーについて

一般的な金属アレルギーは、ピアス・ネックレス・メガネフレーム・ベルトのバックルなどの金属に触れている部分が赤く腫れたり、痒くなったりするアレルギー性接触皮膚炎です。

しかしながら、歯科金属アレルギーでは、金属に接触している歯肉や口腔粘膜に症状が起こる事は、2.1%ときわめて稀で、その多くは口腔から離れた遠隔の皮膚に起こる全身性接触皮膚炎です。つまり、口腔内で溶けた金属が口腔粘膜や消化管から吸収され、血行性に全身に運ばれ、到達した部位で皮膚アレルギーを起こします。

金属アレルギーの発症に関しては、上皮を通り抜けた金属イオンが何らかののタンパク質と結合して抗原提示が行われることによって、起こる事がわかっているが、どのような場合にそれが起こるの解明されていない。

歯科金属アレルギーの診断は、パッチテストおよびリンパ球幼若化試験により行われますが、必ずしも診断精度は高くなく、アレルゲンとして疑われる金属を除去した後、症状の改善を見てはじめて金属アレルギーと診断されます。

一般的に金やプラチナなどの貴金属はアレルギーを起こしにくいとされているが、歯科で多用されている、金・パラジウム・銅・亜鉛などは原因金属として頻度高く指摘されている。アレルギーがないとされてきたチタンも報告されるようになってきている。そのため、チタンに変わるジルコニアインプラントも開発されてきている。

歯科金属アレルギーで引き起こされる疾患・症状には主に次の6つがあげられます。

1)アトピー性皮膚炎

かゆみを伴う湿疹が全身または部分的に発生する病気です。アレルギー性の体質、皮膚のバリア機能の低下などさまざまな原因が組み合わさって起こります。

2)掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)

手掌や足底に白い小膿疱(膿をもった水疱)がみられる病気です。

3)湿疹

皮膚に起こる炎症のことで、皮膚炎とも言います。

4)乾癬

皮膚の表面が炎症を起こすことで生じる慢性の角化性病変のことです。

5)にきび(尋常性座瘡・じんじょうせいざそう)

6)口腔扁平苔癬(こうくうへんぺいたいせん)