記事

歯茎の腫れと根管治療について

歯茎が腫れる原因は大きく二つ考えられます。

1)歯周病によるもの
こちらは歯と歯茎の境目から、ばい菌が内部に侵攻し、歯を支えている骨を破壊して歯茎の内部で炎症反応がおこるものです。この場合は深い歯周ポケットと、骨の破壊が認められます。

体の内部に細菌が侵入すると、身を守るために免疫細胞が集まってとり囲んで菌たちをやっつけます。(免疫反応)その結果、周囲の組織が破壊され、歯茎の腫れや痛みが生じます。

2)歯の根の感染によるもの
虫歯や歯の破折、不適切な根管治療の結果、歯の内部に感染が起こると、根の周囲にばい菌が広がって炎症が起こり、その結果歯茎が腫れることがあります。根の先端や周囲に骨の破壊が認められます。

歯周病の場合は、歯の内部には問題はないので、周囲の感染源を除去すれば治癒しますが、根管内部に感染がある場合は、根管内部までは免疫が働きませんので、根管治療にて感染の除去を行う必要があります。この時に重要なポイントは、お口の中はばい菌の巣であるということです。すなわち問題を起こしているのは、虫歯菌であり、それはお口の中にたくさんいるということです。ですので、根管治療時にそのばい菌が再度感染しないように配慮して治療を行う必要があるということです。
その時にラバーダムというゴムのシートを治療する歯にとりつけて、口の中から隔離した状態で治療を行うことが極めて重要ですが、多くの歯科医院ではこの配慮を怠るので、治療がうまく行かず、後にトラブルの元になります。
ときには、根管治療を行ったことにより、さらに腫れたり痛みが生じたりして悪化させてしまうことがあります。通常ラバーダムをして感染の配慮をした上で治療が行われていれば、数日の違和感が出ることがあってもその後は落ち着きます。もしもラバーダムをつけることができないくらい歯が失われているときは、手間になりますが、接着性の樹脂で壁を作り、ラバーダムをつけられる状態にしてから根管治療を行います。それくらい根管治療においては、ラバーダムは重要です。

当院では、根幹治療中に隣の歯が寄ってきたり、噛み合う相手の歯が伸びてきてしまうのを防ぐためにプラスチックの仮歯を作って装着して治療を行います。これによって噛み合わせがおかしくなるのを防ぎます。